浜松オートレース場で係員死亡 選手接触 落車後に無人オートバイが衝突

3日午前、浜松市のオートレース場で選手同士の接触のあと、無人となったオートバイが係員に衝突する事故がありました。係員は病院で死亡しています。

落合健悟記者
「係員が死亡するという思わぬ事故を受け、それ以降のレースをすべて中止としています」

午前11時頃、浜松オートレース場で第1レースのスタート直後に、選手同士の接触事故があり、このうち1人がオートバイから落車しました。

そして無人となったオートバイは倒れた状態でコースを滑り、コース内側にいた救護係に衝突しました。

オートレース場などによりますと、救護係で、浜松市東区に住む59歳の男性は頭などを打ち、心肺停止の状態で救急車で運ばれましたが、搬送先の病院でまもなく死亡が確認されました。

オートバイを運転していた20代の選手は右足にケガをしたということです。

オートレース場は第1レースを不成立とした他、第2から12レースまでの開催を中止・打ち切りとし、事故後にレース場では警察による実況見分が行われました。

浜松市の公営競技室は、係員の配置場所などを検討したうえで、4日のレースは予定通り開催するとしています。

#事故
#静岡県